小型限定普通二輪車(MT)の免許取得までの道のり

小型限定普通二輪車(MT)の免許取得までの道のり 教習所

いつもはワードプレスに関する記事を書いていますが、今回は自分の趣味のバイクについて書いていこうと思います。固定ページも作成したので是非、そちらも読んでみてください。


免許の取得方法

小型限定普通二輪車(MT)の免許を取得するには大きく分けて二つの方法があります。

教習所
メリット
教習所での教習を受けて卒業検定に合格すれば運転免許試験場での技能教習が免除されます。学科試験は普通免許を取得していれば免除となります。身体検査などの適性検査に合格すれば免許を受け取るのみとなります。
デメリット
教習所に入校する場合は費用が8万円から10万円ほどかかります。この金額は普通免許を取得しているか、していないかによっても変わってきます。ちなみに私は普通免許を持っているので8万円ほどになります。また取得までの期間ですが、早くて2週間、遅くても1か月くらいかかるそうです。取得までの期間も普通免許を持っているかいないかで幅があります。

運転免許試験場
メリット

教習所より費用がかからずに免許証を取得することが出来ます。取得も試験に合格すれば免許証が発行されるので、費用と日数を大幅に短縮することが出来ます。合格すれば普通免許を持っていれば19,850円(試験料込み)で取得可能です。普通免許を持っていない方でも24,050円(試験料込み)で取得できます。尚、試験料は現在(2021年5月)、5,800円ほどだそうです。
デメリット
学科試験は普通免許を取得していれば免除となりますが、技能試験は必須となります。この技能試験を一発で合格することはほぼないと思ってください。試験で免許証を取得したい場合は何度も試験を受けることになるので、都度5,800円かかることになります。平均で合格率は10パーセントほどになります。

費用と期間を比較してどちらがいいのか

費用と取得までの期間だけを比較すれば、運転免許試験場で免許証を取得する方がいいです。ですが、デメリットにもありますが何度やっても受からない場合もあります。合格率は10パーセントほどなので10回受ければどうにか合格するくらいでしょうか、単純に計算すると10回分の試験料だけで58,000円となります。合格後に14,000円ほどの費用が追加でかかるので、合計すると70,000円は超えるので教習所と比較するとちょっと悩ましい金額になります。
教習所なら技能教習でバイクの運転の基本を教えてもらえますし、費用はかかりますが分からないことや疑問に思ったことなど色々と質問できるので、しっかりと学びたい方や確実に免許証を取得したい方は教習所を選びましょう。色々な割引なども適用されれば安く取得することもできますよ。

自分が進んだ方向(教習所編)


私は一発試験に自信がないので教習所を選択しました。費用と期間はかかりますが今は入校待ちとなっています。(泣)入校待ちなので全体の費用は確定していません6月18日教習開始→7月10日卒業検定合格)、概算で以下の通りになります。参考にしてください。

自動車学校(教習所)総額費用
基本料金   … 80,000円
諸費用    … 5,800円
小計(税込) … 85,800円
合計(税込) … 85,800円

ただ、今現在入校待ちとなっているので、取得したいと思った時からかなり待たされています。早くて6月末から遅くても7月くらいから教習スタートとなりそうです。平日に会社から半休をもらって早めに取得を目指しています。(6月18日教習開始→7月10日卒業検定合格

免許取得までのまとめ

小型限定普通二輪車(MT)の取得に関わる費用や期間を説明してみました。いかがでしたでしょうか。やはり費用と期間だけみれば一発試験は憧れますが、確実な取得を目指して私は教習所で頑張ります。

教習所に通い実際に免許を取得するまでを記事にまとめています。是非そちらも参考にしてください。
<教習所編>

皆さんも自分に合った免許証取得に向けて頑張ってください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました